七花ファームダイアリー

~食で健康を 心に栄養を~

「小ねぎ」の記事一覧

小ねぎがよくできたんです。

こたつと猫 立春を迎えたとはいえ、まだまだ肌寒い2月上旬。 ウチの猫’sは相変わらずこたつを巣にして過ごしています。 最近はこたつが暑くなると、 猫でも上半身をこたつから出しておりまして、 立派な甲羅を背負っ […]

冬野菜のチカラ

レモンの収穫 レモンっていい香りがするんです。 今日はレモンの収穫のお手伝いをしていました。 ひとつ千切るごとに爽やかであまーいレモンの香りがただよっていたのが 印象的だったヒロアキです。 ねぎとクレソン、寒さに負けませ […]

たまねぎの種まき ~玉ねぎの種まきは小ねぎの栽培に似ている件~ 

その名はソニック タマネギの種まきをしました。 今年の品種はタキイ種苗の”ソニック”です。 冬を越えて、来年の5月頃収穫予定となっています。 玉ねぎの種まきは小ねぎの栽培に似ている 料理でも定番の野菜、タマネギ。 家庭菜 […]

玉ねぎ苗床のバスアミドを使った雑草対策のやり方

バスアミド表層混和の方法 ①耕起…通常の堆肥・石灰・肥料を散布してトラクターで耕起してうね立てまで行う。畑が乾いているときは、潅水して握るとかたまる程度まで水をまく。 ②均一散布…バスアミドを散布。使用する量は10~20g/㎡=10~20㎏/10㌃程度。 ③土壌混和…表面の白い粉が見えなくなる程度に軽くレーキや竹ほうきで混ぜる。 ④潅水…しっかり潅水する。 ⑤ビニール被覆…ビニールで被覆する。僕の場合は、透明マルチでうねの上の部分のみ被覆して、7日‐10日程度の期間覆う。 ⑥被覆除去・ガス抜き…覆っているビニルを外してレーキをかける。最低でも3日間ほどガス抜きをしてから播種をおこなう。

夏のネギづくり開始。

ニヤリ 不敵な笑顔のたまちゃん。 ユカリさんから送られてきた写真です。 猫も笑うんですねー 夏のネギづくり ネギは冬野菜です。 が、小ねぎは薬味として使われることが多いので 需要が多いのは夏場を中心とした暑い時期となりま […]

ねぎとぎょうざの相性が良いのか、ねぎとぎょうざの皮の相性が良いのか、

ここ数年来、自作ぎょうざの目標は「浅草 与ろゐ屋」のニンニクをつかわないぎょうざ、 なので、ぎょうざにニンニクを使わないのが当たり前になってきています。 そしてここまでぎょうざを自作して気づいたのは、ひき肉に下味をしっかりつけるのがぎょうざづくりのコツということ。 暑いので、料理にかける時間を減らしたいと考えた結果、 ひき肉とねぎと調味料だけでいいじゃないか! という結論に至りました。 ねぎだけでも結構香りと刺激があるので十分美味しいぎょうざになります。 ねぎとぎょうざの皮の相性が良いのか、 調べてみると、その他にも ①ぎょうざの餡がねぎ+ツナ缶 ②ぎょうざの餡がねぎ単品 というレシピもありました。 今度やってみよー